コインチェックの二段階認証を解説!設定方法・口座開設方法を理解しよう

仮想通貨投資を始めるためには、まず取引所で口座を開設する必要がありますが、口座開設の方法は意外と複雑で、途中でつまずいてしまう人が多くいます。

また、正しい手順で登録しないと、後で修正するのに時間がかかったり、セキュリティー対策もせずに投資を始めてしまう恐れもあります。

そこで、この記事ではコインチェックの口座開設方法・登録方法、さらには二段階認証の設定方法までを詳細に解説していきます。

この記事の通りに口座を開設すれば、早く確実に登録が完了できますので、ぜひ最後までご覧になってくださいね。

コインチェックの口座開設方法 5ステップ!

それでは早速、コインチェックの口座開設方法について5ステップでご紹介していきます。

トップページにアクセスする

コインチェックに口座を開設するにあたり、まずはコインチェックのトップページにアクセスします。

下の図をクリックすると、コインチェックのトップページに行くことができます。↓↓↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

メールアドレスとパスワードを入力

①トップ画面に移動したら、受信可能なメールアドレスとお好きなパスワードを入力し、「登録する」ボタンをクリックします。

②以下の画面が表示されたら、メールボックスに届いたメールを確認します。

メールに記載のURLをクリックしトップ画面に行く

①メールボックスに以下のメールが届きますので、URLをクリックします。

②URLをクリックすると、以下のような画面が立ち上がります。

これでログインIDとパスワードの登録は完了です。

本人確認作業① 電話番号認証を行う

続けて、本人確認の一環として、電話番号認証を行います。

①まず、画面中央の「本人確認書類を提出する」をクリックします。

②電話番号認証の画面が立ち上がりますので、お持ちの携帯電話の電話番号を入力します。その後、「SMSを送信する」をクリックします。

④送信確認画面が出たら、「OK」をクリックします。

③SMSメールが携帯電話に届きますので、本文に記載の6桁の番号を入力して「認証する」をクリックします。

以上で、電話番号認証は完了です。

続けて氏名・生年月日の入力や、免許証などの提出作業を行います。

本人確認作業② 必要情報を入力し本人確認資料を提出する

①「設定」→「本人確認」の順番にクリックします。

②必要事項をもれなく入力します。

③画面の指示通りに本人確認書類1〜3をそれぞれ1枚ずつ撮影し、「ファイルを選択する」をクリックしてアップロードします。

本人確認資料を撮影するときには、以下の例を参考に行いましょう。

・本人確認書類1・・・提出書類と本人が一緒に写っている写真

・本人確認書類2・・・本人確認書類の表面が写っている写真(パスポートは顔写真のあるページ)

・本人確認書類3・・・本人確認書類の裏面が写っている写真(パスポートは住所のあるページ)

本人確認書類の提出は、以上で全て完了です。

その後、コインチェックより住所確認のためにハガキが郵送され、そのハガキを受け取ると本人確認手続きが全て終了します。

コインチェックでの二段階認証の設定方法

コインチェックへの登録が完了したら、次に「二段階認証」を設定しましょう。

二段階認証とは、2つの端末がないとログインできないようにする方法で、万が一ID・パスワードが盗まれても、第三者が勝手にログインできないようにできます。

仮想通貨投資をするのなら、セキュリティー対策として、全ての取引所で二段階認証を設定することをお勧めします。

以下、二段階認証の設定方法について解説します。

Google Authenticatorをスマホにインストールする

二段階認証を設定するにあたって、まずはお持ちのスマホに二段階認証アプリ「Google Authenticator」をインストールします。

下記のボタンをクリックすると、インストール画面に飛びます。

アプリを起動してQRコード読み取り画面を立ち上げる

アプリのインストール後、アプリを起動し、画面右上にある「」マークをタップ。次に「バーコードをスキャン」をタップします。

すると、QRコードを読み取る画面が立ち上がりますので、画面をこの状態のままにしておきます。

【参照:主婦が仮想通貨で生活する投資ブログ

二段階認証の設定画面を表示させる

続けてパソコンでコインチェックにログインし、二段階認証の設定画面を表示させます。

①「設定」→「二段階認証」の順にクリックします。

②「設定する」をクリックします。クリックすると、QRコードがあるページに移動します。

③表示されたQRコードをスマホで読み取り、スマホに表示された6桁の番号をコインチェックに入力し、「設定する」をクリックします。

以上で、二段階認証の設定は完了です。

なお、6桁の認証番号には有効時間が設定されているため、有効時間内に番号を入力するようにしましょう。

また、QRコード下に表示された16桁の番号は、スマホを紛失した時に必要となるものですので、写真に撮ったりメモするなりして大切に保管しておきましょう。

以降、コインチェックにログインする際には、毎回Google Authenticatorに表示された6桁の番号の入力が必須となります。